忍者ブログ
 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
スグル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
最近あんまり寒くないです。自分若いです。
でもわりとストーブは消せません。
Blog Pet
カスガじゃないよハルヒだよ。
QRコード
ブログ内検索
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

suguru_104.jpg黒髪×金髪、昔っから好きだったなぁ
攻はド鬼畜だけど…これ以上なんか言うと変態だと思われるのでやめときます。
もちろん無理矢理です
身長差は17センチ!コレ大事!

あの、言い訳させてください。
ペンタブの調子が悪くて筆圧感知機能が作動しませんでした。
なので私は悪くない。
たま~にあるんだよね


PR
ここ3,4日はアニプリ見て過ごしてました。
HOMOすぎてふいた
氷帝戦~立海戦前まで見たんですけど氷帝戦の大事な試合の巻が抜けてた…
どうなるか知ってるからいいんだけどね
六角はなんか…ミュのイメージが強すぎて見れなかった
跡部がかっこよくなくてびっくりした
なんかあれだ、人気あるからもっとかっこいいものかと思ってた
でもあれだよね、おいしいキャラだよね
どんな作品にもナルシィは必要だよね

そういえば、今までお世話になった人達、その内お別れ会しようね

なんでただのテニス漫画にみんなが萌えるのか少し分かった

明日は1ヶ月以上待ちかねた本の発売日なのでもうワクワクドキドキうふふふ。
最近会話もそんなんばっかです。
そんなんばっかと言いつつ、もっと愛でる時間が欲しいです。
そうそう、CCさくらの話になってお兄ちゃんと親友のアヤシイ関係について何たら言ってたんですけど…「ユキ」って呼べるのはヤバいよね
コレわかる人は同志だね!
リーフと雄飛が倒産ですって!
うわ~
いや、特にお世話になってないっちゃなってないけど…なんだか寂しいものでありますね。
リーフで欲しいあったんだけどちゃんと手に入るだろうか…
在庫はゾッキ本に流れるのかな?
そうじゃないとどうしようもないだろうけど…

好きでもないのにあらすじを読むと面白そうでつい買っちゃう作家さんがいます。
これはヤバイ、って程じゃないんだけど設定がいいのかな?
なんか買ってしまうんだなコレが。
そんなこんなで騙され続けて5冊ほど持ってます。
しかも、もう2冊買おうと思っちゃってます。
しかし昨日は邪念が入って読書に集中できなかった…。
時計の音さえ気になってしまってどうにもこうにもページが進みませんでした。
そういやマイルール5冊とか言って6冊買ってしまった…まだ今月買わなきゃいけない予定の本あるのに…はは、だめだこりゃ。

最近驚いた事、TVに弟クリソツなコが出てた。
でも本物はもっとデブだと思われ…
なにしろパンツに肉が乗るって噂を聞いたからね、あーあ

そういや、黄金伝説って微笑ましいよね、と思って昨日見てました。

ビブロスが倒産してたなんて知らなかった!
あのビーボーイのビブロスだぜ…まさか倒産していたとは…
あれ?でも発刊されてるよね?
と思ったら、リブレ出版ってとこが受け継いでたみたいね
私としては不細工特集アンソロが気になってたんだけど…
「岸裕子の世界」に収録されていた作品。
ハッピーエンドじゃないけど、愛を失わずに済んだという点では幸せだったのやも
好きだからこそ好きだと言ってはいけない切なさがもう…
セックスしてるときの表現もお耽美~
私は何でもモロに描きゃ良いってもんじゃないと思ってるのでホモ漫画はあまり読まないんだけど…
モロじゃないのにちゃんとヤッてるな、って分かるし、逆にエロくて耽美
何より見えない所を想像する楽しみが良いッスね!
あと、受の名前が「涼」っていうんだけど、私の大好きな名前なのね
それだけでムフムフしちゃいますねウフフ

古本屋とかでホモは「耽美」ってコーナーに置いてあるけどアレはどうかと常々思っております。
中には耽美なのももしかしたらあるかもしれないけど、ほとんどは耽美じゃないって!
エロいだけで絶対エロスじゃないもん。
そんなの美しさじゃない!
ってことで、表示を「耽美」から潔く「BL」に変えたほうがいいと思います。
ちょいと前から気になっていた漫画作品。
私が生まれる前の作品みたいだけど、「古っ!」って感じは正直なかったかも…。

日舞の世界が舞台で、主人公は美少年・由利。名前も女の子みたいで可愛いですね。
由利にはそっくりな双子の姉・雪絵がいた。
千曲(ちくま)流の家元は代々女性が継ぐことになっている。
雪絵は才能に溢れ、次期家元候補。
一方、由利には才能がなく、母親・多寿子からも冷たく当たられていた。
父親はというと、千曲の家に生まれながら男である自分は家元を継げない為、種馬のような存在に不満を抱き、結婚前から余所に女を作る始末。
勿論、家族に対しての愛情はカケラもない。
しかし、そんな夫を愛してしまったが故に苦しむ妻。

「師匠(せんせい)…あれでは奥様がお気の毒です」
と、意見する青年・澄夫。
まぁ、この青年が旦那様とデキてるわけです。
すっごい欲しくて手に入ったらそれだけで満足して放置してた本。
読んでみたらなんていうか、先を読もうとせずに無心に楽しめた。
そういえば、ちょっと前に予測のできないホモが読みたと言ったら
パラシュートで降りてきて、そのまま地下に潜り込んで、モグラと遭遇していきなり「ヤらないか?」みたいなのはどう?
って提案されたけど、そういうコメディタッチなのがあったら面白いよね~
あくまでも恋愛小説っていうのがいろいろと難しいけど…

忍者ブログ [PR]